黒龍って響きがもういいよね【日本酒アドベントカレンダー14】

今日が何月何日か言ってみろおおお!という感じですがそっと横において日付詐称もして語りたいと思います。
この記事は日本酒アドベントカレンダーの14日めです。

日本酒が好きです。
数あるお酒の中で一番好きなのが日本酒です。
相性が良いのか悪酔いもしませんし飲んだ次の日にはお肌がつやつやしています。
米の力って偉大ですね。

同時に龍も好きです。
なんで好きなのかのルーツはわからないんですけど物心ついた時から好きでした。
神社の手水に居る龍のせいかなあ、とも思うんですけど好きに理由はいらないよね!

そしてそれらが2つとも含まれているのが「黒龍」です。

初めて飲んだのは今年の出来事。
さる飲み会にお誘いただいて、渋谷のsakebaへお邪魔しました。
(黒龍以外にもたっくさん美味しそうな日本酒があってまた行きたいです)

一口飲んで

「おいしい……」

と、思わずつぶやいてしまったのですよ。
人生初の経験でした。

日本酒は美味しい。好みはあってもどれも美味しい。
ですが美味しいなあと思っても口から意識せずに零れ落ちることは人生初めてのことでした。
びっくりしました。

ゆったりとしたお味で、口の中に残るんだけど残りすぎない、
余韻があるんだけどもその余韻も切れが良い、そんなイメージ。

するする飲めるんだけども水みたい、という感じではなく、しっかりと日本酒として主張している。
とても美味しかったです。また飲みます。

みなさまも機会があればぜひ飲んでみてくださいねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>