macのchromeでオプション付き起動を楽にする方法

今年は物理エンジンを極めようと唐突に思い立ち、本を購入し、数学の知識にorzってなっている葛です。
誰だ私が理系で数学出来るだろって言った奴。私は数学の点数で赤点と平均点の間を彷徨っていた猫ですよ!?

ところでこの猫、メインブラウザはchromeを使用しているのですが、chromeさん、ポリシーとして「異なるドメインに存在するリソースは活用出来ない」んですね。
で、だ。
テクスチャデータを利用したものをローカルで見ようとしても、このポリシーに引っかかって見えない訳です。
(webサーバにあるのは見えるよ。ローカルでもwebサーバ立ててやればいけるよ)

そこで「オプション付き起動」!
起動時にちょこっと細工してやる事で、異なるドメインに存在するリソースOKにしてしまいましょう。
いったんchromeを終了させ、
ターミナルを開いて以下をコピペ

open -a 'Google Chrome' --args --allow-file-access-from-files

リターン!ッターン
これだけです。

これだけなんですが毎回やるのも面倒です。
今回もコード調べるのに30分くらいかかりました。昔やった事あるのに。
もっと簡単に……と思ったらmacにはありました。

「Automator」
Automator
(HD直下のアプリケーション内にいると思う)

こいつを起動して、
new
アプリケーションを選択。

検索に「シェル」と入力して
app
出てきた項目を右側にドラックします!

catって所に
nyuryoku

open -a 'Google Chrome' --args --allow-file-access-from-files

先ほどのコマンドを入力して、保存!

保存名は解りやすい名前をつけてください。
後は保存したアプリケーションをクリックするだけでオプション付き起動!

アイコンも変えるとそれっぽいですね!
私は面倒なのでchromeと同じアイコンにしました。名前と置き場所で区別してます。
これでいつでも簡単に検証出来ますにゃー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>